動物園施設

スルーネット

あたかも金網のない、シースルーなケージで
小動物や鳥の自然のままの姿を観察できます。



特長

  • 黒色酸化着色SUSワイヤロープ製ひし形金網
  • 軽量(φ0.72×38×38でW=0.12kg/m2
  • 柔らかなタッチ
  • 優れた柔軟性による抜群の施工性
  • 「噛」に対する抵抗が強い
  • 耐食性、耐劣化性(紫外線など)に関する優位性
  • 優れた衝撃吸収性能(体重30kgの小動物が時速10km/hrで衝突 した場合を想定した実験では、1m×1mで支持されたスルーネット の衝突時の沈下量が370mm、荷重除去直後の残留撓み量は180mmでスルーネットには何ら損傷は認められませんでした)

スルーネットの施工実績

スルーネットの再適用途は、鳥舎や小動物舎です。
スルーネットを使用することで、自然環境そのままをバードケージや小動物舎として再現できます。
従来の化繊ネットのケージは、恒久的なメンテナンスを必要として、比較的短期寿命ですが、スルーネットはステンレスワイヤーロープ製ですから高寿命でメンテナンスも簡単です。
スルーネットは、柔軟性に優れているので、平面はもとより三次元的な曲面にも良く馴染み、独創的なデザインにも対応できます。
また、強烈な太陽光を遮ったり、観客の視線をブロックするために、テントのように布で覆うこともできます。
標準品以外の注文にも対応できますのでお問い合わせください。

上野動物園 アイアイのすむ森(Aye-Aye Forest)

鉄骨のフレームとワイヤーロープ(9φ)は目視できますが、スルーネットは見えません。

スルーネットに焦点を当てると、動物はぼけてしまいます。

檻の中の植物に焦点を当てると、スルーネットは見えません。


標準サイズ

線径 目あい
  0.72mm     38mm × 38mm  

施工例はこちら